All archives   |  Up load  |   Admin

預かりわんこ滞在中

保護されたわんこ達が歩む、家庭犬への道

スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せにならなくちゃ!

   
今朝のうるるん家は、とても賑やかに一日が始まりました。


az00476-w.jpg


当家に滞在中のシエリ嬢による “んこまき散らし祭り” が
華々しく且つ大々的に催され、祭り会場が狂乱の渦に・・・。


また記念行事には欠かせない撮影会も 併せて執り行われました。

が、地獄絵図を載せるとは何ごとかとご批判を頂く恐れもあり、
社会通念に照らし合わせ、画像の公開は見送らせていただきます。

残念です。(なにがやねん)



az00469-w.jpg


あー いい運動した~。 朝からみっちり床拭きよ。


急に環境が変わったから、
ちょっとお腹ゆるくなっちゃったかな。

お薬呑んでおこうね。



オチリを洗ったら少しテンションが上がったもんで、
念のため一時サークルへ。

az00502-w.jpg


シエリちゃんは体の毛が うっすらとしか生えていません。

別にバリカンをかけたわけではなく、保護前に暮らしていた頃の
衛生状態や栄養不足によるものかと思われます。



az00510-w.jpg


これでも保護当時と比べると、かなり生えてきてるんです。
青葉さんの奮闘努力のたまものです。



az00511-w.jpg


後ろの右脚が不自由なようで、後ろ足だけケンケンしてます。
でもすごいスピードで走れますけどね。

今のところ生活するのに支障はないみたいです。



az00501-w.jpg


今年の夏 繁殖業者が倒産し、60匹の犬が置き去りにされました。


依頼を受けてボランティアさん達が駆け付けたところ、
老犬やハンデのある子ばかりが10頭取り残されていました。

若い犬や健康な犬は、別の業者や近所の人にもらわれたのでしょう。
シエリちゃんは最後に残った10頭の中にいました。


シエリちゃんがレスキューされたときの様子は → こちら


保護された時のシエリちゃんです。

シエリ 検診
( 青葉さん、お借りしました。)

一体どういう飼い方をすれば こんな姿になるのでしょう。
まるで羽をむしり取られた鳥のように殆ど毛が生えていません。

この画像を見てすぐにトイプードルだと判りますか?



明日 命があるかどうか分からない。
そんな過酷な日々をシエリちゃんは生きてきました。


長い間狭いケージに閉じ込められたまま 外に出ることもなく、
ケアも手入れも一切施されず、ほんの少しの餌で命を繋ぎながら
繁殖犬として年に何度も無理な出産を強いられてきました。


それでも自分がどんなに空腹だろうと、産んだ子犬にお乳を飲ませ、
身体を舐めてやりながら必死に育てていたのでしょう。

こんなに酷い目に遭ったのに、人間を恨むこともなく。



az00474-w.jpg


ほんとにえらかったね、シエリちゃん。
辛かったろうに、悲しかったろうに、長い間よく耐えたね。

苦しい思いをした分、これからはうんと幸せにならなくちゃね。




ペットショップのショーケースで
展示されている綺麗で可愛い子犬や子猫達。

あの子達の親の大部分が、今も悲惨な状況におかれています。


だれもが目を背けたくなる劣悪な環境で、自分の命を削って
子を産み育てている親達がいることを、どうか忘れないで下さい。


彼らをこんな目に遭わせているのは人間です。

でも これから彼らを幸せにできるのも また人間です。
そう思いませんか?





シエリちゃんが一人でも多くの方の目に留まるためにと
ランキングに参加しました。

シエリちゃんが幸せになれるようご協力を!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。