All archives   |  Up load  |   Admin

預かりわんこ滞在中

保護されたわんこ達が歩む、家庭犬への道

スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは誰にもわからない

   
いきなりですが、こちら歯磨き中のよん君。


az05902-w.jpg


こんなことも未経験だったでしょうに、
だいぶ慣れてきました。



az05870-w.jpg


セリちゃんも頑張ってます。

暴れたり噛んだりすることもなく、
最後まで磨かせてくれます。



az05880-w.jpg


ですが、ふたりとも歯の状態が良いとは言えません。
すでに歯の根元が濃い茶色になっちゃってます。


幸い口臭は そこそこ改善しましたけどね。



az05738-w.jpg


多くの獣医さんは、歯とか肛門等を見て
わんこの大体の年齢を判断されますよね。


この子達の歯を見せたら、
「相当トシ取ってるね~」とか言われそうだわ。



az05743-w.jpg


1か月前 よん君とセリちゃんをお迎えに行った折、其々の
ケージに 性別と誕生年月を記したテープが貼られてました。


セリちゃんは、2011年4月生。 よん君は、2011年11月生。

ブリーダーが記録していたものだとか。



az05742-w.jpg


繁殖場の記録が信頼できるのか、個人的には疑問です。

ただ、獣医さんも繁殖犬を診る機会は そう多くないようです。



繁殖犬は ごく若い内から1年に何度も交配・出産させられます。

そのためか “まだ2~3才のはずなのに 歯がほとんど無い”
なんて子も少なくありません。


そのことをお話しすると、初めて知ったと仰って
驚かれる獣医さんが結構いらっしゃいます。


つまり、一般的な基準で 保護犬の年齢を
推測することには無理がある、と思うのです。



az05744-w.jpg


募集記事のプロフィール等に記載される年齢は、
特別なケースを除いて あくまでも推定です。


保護犬を家族の一員に とお考えの方は、
そういった点をよくご理解下さい。


そして 今現在の彼らを丸ごと受け入れた上で、
深い愛情を持って接して頂きたいのです。


 


保護わんこ達が 一人でも多くの人の
目に留まるよう、ポチッと応援を!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。