All archives   |  Up load  |   Admin

預かりわんこ滞在中

保護されたわんこ達が歩む、家庭犬への道

スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シエリちゃん、滞在1か月

   
シエリちゃんが我が家にやって来てから 1か月。
あっという間やわ~。


1か月記念にひとっ風呂・・・てわけじゃないけど、


az01116-w.jpg


予定通りのお風呂とシャンプーを済ませました。
( 画像は タオルドライでヒートアップ中のシエリちゃん )



az01122-w.jpg


もうお風呂にも慣れたもので、特に抵抗することもなく、
声を上げることもなく、されるがままになってます。


シエリちゃん、お風呂好きになった?


az01124-w.jpg


微妙らしい。



az01131-w.jpg


シエリちゃんは人が大好きで、自分の意に沿わないことでも従って
くれるし、普段は傍にいることを忘れるくらい静かに過ごしてます。


今は肌や被毛のケアが大変だけど、お手入れがもう少し楽になれば、
性格自体は家庭犬として充分やっていける子だと思います。



az01128-w.jpg


しかし今の状態では、迎えて下さる里親さんも大変ですよね。

なので最も手のかかる期間はうちで過ごし、里子に出るのは2週間に
1回程度のシャンプーで済むようになってからでもいいと考えてます。


もちろん肌トラブルの他にも、年齢が少々高めかなと感じる点や
脚の状態等、決して安請け合いはできませんし する気もありません。

同情だけでシエリちゃんを飼うのは、なかなか難しいと思います。



az01129-w.jpg


ただ、私がこれまでに送り出した子全員が何の問題もない
理想的な犬ばかりだったかと言えば、そんなことはありません。


虐待を受けたため人に噛み付く子や 警戒心が強く極度に怖がりな子。
ハイパーで引っ張りが激しい子や 重度のフィラリアに罹っている子。

程度の差はあれ、問題を抱えたわんこは大勢いました。



az01125-w.jpg


その子達を里子に出すとき、里親さんとお話しする機会があったので、
「無理だと感じたら 遠慮なさらず早めにお返し下さい」とお伝えしました。

でもうちに帰って来る子は 1頭もいませんでした。


中には引き取られた後、重い病気に侵されていることが判り、
大手術を受けさせてもらって 健康になった子もいました。


他の問題児を迎えて下さった里親さん達も、長い年月をかけ
努力を重ねて 愛犬との信頼関係を築き上げて下さいました。



az01136-w.jpg


直接お聞きしたことはないのですが、

問題がある犬と知りながら引き取って下さる方々は、
単に犬が欲しいだけではないのかも、と私は感じています。


ご自身が “保護活動の最終部分を引き受ける” という覚悟
のようなものを、心のどこかにお持ちなのではないかと。

そして、そういった方々が保護活動のみならず、ボランティア
活動全体の意義を 真に理解して下さっていると思うのです。



az01134-w.jpg


シエリちゃんにも、過去の経緯を理解して
じっくり向き合って下さる里親さんが見つかるといいね。





シエリちゃんへの応援 ありがとうございます。
今日もあなたの愛をポチッと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。