All archives   |  Up load  |   Admin

預かりわんこ滞在中

保護されたわんこ達が歩む、家庭犬への道
月別アーカイブ  [ 2009年03月 ] 

スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春と共に

   
まだ少し冷え込む日もあるとは言え、それでも春は確実に
すぐそこまでやって来てるんだわ、と感じる今日このごろ。

我が家にもやって来ました。  春が ・・・ じゃなくて、ワンが。



そう、新しい預かりっ子です。

B 001

ミニチュアダックスの女の子、 『 ビビちゃん 』 で~す。ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート



ビビちゃんは、“ わんにゃんれすきゅー鶴見 ” さんからの預かり犬です。

B 002

もともとは繁殖場にいたそうですが、繁殖業者が倒産して
ビビちゃんを飼育放棄したため、緊急に保護されました。


年齢 6才(推定)  体重 約 5kg
ワクチン接種 や避妊手術等は済ませています。


詳しいことは、これからじっくり書いていくとして、
我が家もですね、以前とは少々事情が違ってきております。

保護犬をお預かりするにしても、もはや私の一存では ・・・。うーむ…
とにかく先ずあの方にお伺いを立てなければ。


そうです。


今や、我が家全土 ( だけ ) を支配下におさめた、

R 146

この方のご意向が何よりも重要なんです、ハイ。



さっ ビビちゃん、ごあいさつしておいで。 ドキドキ

B 003

なかなか神妙じゃないの。 腰(?)も低いし。




B 004

お互い威嚇することもなく、ちゃんと匂いを嗅ぎ合ってました。

るんちゃんはもう年だから、一緒に遊ぶ気はないでしょうけど性格温厚だし、
ビビちゃんも攻撃的な性格ではないので、何とかやっていけそうですね。

てことで、 最大の関門を突破~ ほっ…


無事に保護されてよかったね、ビビちゃん。
ここで暫くゆっくりして、里親さんが見つかるまでのんびり待とうね。




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。