All archives   |  Up load  |   Admin

預かりわんこ滞在中

保護されたわんこ達が歩む、家庭犬への道

スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そら君、やすらかに

   
更新しないまま 随分時が経ってしまいましたが、
一つご報告があってUPさせていただきました。


昔からこのブログをご覧頂いてる方は、
彼を覚えていらっしゃるでしょうか。


azそら 080-P


7~8年前にお預かりした そら君 です。



残念ながら、そら君は先日天国に召されました。

といっても もうひと月も前のことなのですが、個人的に少なからず
思い入れがあり、なかなか彼の訃報を書く気になれませんでした。



そら君は、元の飼い主自ら動物管理センターに持ち込んだ子でした。


azそら 004-P


管理センターから我が家にやってきた日のそら君です。


直前まで家庭で飼われていたとは思えない
汚れ方で、毛は伸び放題の上にもつれ放題。

大量の目ヤニがカチカチに固まってからみ付くため、
目元の毛が引っ張られて炎症を起こしてました。


明らかに外で繋がれたまま何年も放置され、基本的な
ケアもされていないことがひと目で分かる有り様でした。

それでも餌だけは与えられて何とか生き延びたのでしょう。



azそら 015-P


酷い飼われ方をされたのに、撫でようとすると
すぐゴロンしてヘソ天で応えてくれました。


ただ甘えたがってるだけなのに、なぜ少しばかりの
手間と愛情をかけてやれないのでしょう、人間は。

つか、こんな状態にするなら そもそもなぜ飼うのか。



azそら 018-P


最初ミックス犬という触れ込みだったのですが、
シャンプーカットしたらマルチーズになりました。



azそら 130-P


この可愛さならすぐにも里親さんが見つかるだろうと
喜んだのも束の間、実体験により噛み付き犬と判明。

それも超本気で噛み付いてくる。



azそら 129-P


たちまち毎日のお手入れタイムは、血が
ほとばしる真剣勝負の場と化しました。



azそら 278-P


センターの担当者や保護団体の方の話によれば、
飼い主から暴力による虐待も受けていたようで、
噛むのは自己防衛の手段だったかもしれません。

まぁ あの飼い方自体がすでに虐待ですし。



azそら 154-P


そら君は 本来とても優しく素直な性格で、普段は
口内に指を入れても甘噛みすらしようとしません。

それが何かのきっかけでスイッチが入ってしまうと
瞬間的に凶暴化し、自分でも制御できないのです。



azそら 153-P


で、スイッチが切り替わると何ごとも無かったように
元の甘えっ子に戻るという、実に不思議な子でした。



azそら 311-P


また、家の中でのガウガウぶりとは裏腹に
外ではとても臆病で散歩がメチャ苦手。

散歩の途中で早く帰ろうと、何度も引き返したがりました。



azそら 245-P


なかなか難しい性格の子なので、あと少し待って里親さんが
決まらなければ、我が家で引き取ろうかと考え始めた頃、
里親にと名乗りを上げて下さったのが そらママさんでした。



azそら 249-P


お申し出を頂いたら頂いたで「噛んで大ケガでもさせたら・・」
と すごく心配になって、スタッフさん達とも話し合いました。


「噛みますよ」と念押しする私達に そらママさんは、

「以前飼っていた子も若い頃よく噛みましたし、
それに そら君には私しかいないと思います!」

そう仰って お考えが変わることはありませんでした。



azそら 165-P


そら君にとってこれ以上ない出逢いだったと、
今でもお見合い当日のことを思い出します。



azそら 771-P


めでたくそらママさん家の子になってからも、
我が家には何度か遊びに来てくれました。


そうそうあの頃はまだ るんがいたよね。



az1040427-P.jpg


るんがそら君の背中を踏みつけて横切ったとき、
小声でガウガウ唸りながらも許してくれたね。



azそら 765-P


ますます可愛くなって毛並みも輝くばかりで、
落ち着いて満ち足りた表情をしていました。



az06374-S.jpg


その後そら君に妹分ができて、皆でランチに
出かけたりして・・・、楽しかったね。


そらママさんとお会いしたときや電話でお話しする折など、
会話の中に「大事な大事なそら君」という言葉が何度も出て、
熱烈に可愛がられてるな~と 微笑ましく感じていました。



azそら 341-P


そら君の噛み付きはだいぶ軽減したものの結局
最後まで完全に治まることはありませんでした。

でもそらママさんはどんなに噛まれて怪我しても怯まずに
そら君と向き合い、変わらぬ愛情を注いで下さいました。


ガウガウ犬のそら君がいつも心穏やかに暮らせたのは、
そらママさんのご理解とご努力のお陰 と感謝しています。

本当にありがとうございました。



azそら 328-P


そら君は昨年の暮れ辺りからかなり具合が悪くなり、
最近はほとんど寝たきりの状態が続いていました。

そらママさんは寝る間も惜しんで必死に看病して下さいました。
長期間でしたので 心身共に相当お疲れだったと拝察します。


その夜もいつものようにママの隣りで手を握ってもらいながら
眠りにつき、明け方そのまま静かに息を引き取ったそうです。

心から安心して穏やかに旅立てたのだと思います。



そら君が朦朧としながらも最期まであれだけ頑張れたのは、
大好きなママと一日でも長く一緒にいたかったからでしょう。

ママへの深い愛情が そら君に力を与えたのだと思います。



azそら 334-P


そら君、毎日楽しく嬉しく過ごせてほんとに良かったね!

もう苦しくないでしょ。 ゆっくりのんびり休んでね。



そら君のご冥福をお祈りいたします。



スポンサーサイト

よかったね

   
そら君の正式譲渡が決まりました。 



一昨日、『 わんにゃんれすきゅー鶴見 』 のスタッフさんからご連絡がありました。

S 330

里親さまはそら君のことを、それはもう気に入って下さったご様子。

トライアル期間が、まだ半分近く残っている段階にも拘らず、
“ このまま引き取りたい ” との嬉しいお申し出を頂きました。



そら君は決して扱い易い子ではないので、里親さま募集に際しては、
私にもスタッフの方々にも、かなり不安や心配がありました。

何と言っても、里親さまに大変なご迷惑をおかけしてしまうのでは・・
というのが一番の心配でした。


お見合いに伺った折、色々とお話しをお聞きし、そら君の生い立ちや、
性格のことなど、本当に真摯に受け止めて下さっていると感じました。

里親さまは、15年間飼っていらしたシェルティちゃんを、
最近亡くされたそうなのですが、その子が若い頃は結構お転婆で、
なんと! 噛まれて縫ったご経験もおありとか ・・・。

お嬢様に、「 あなたも噛まれたことがあるの? 」 とお尋ねしたところ、

「 ええ、フツーに。 」 と答えて下さるなど、

失礼ながら、少々の事には動じない、胆の据わったツワモノ揃いのご家族
とお見受けしました。

こんなに大らかで優しいご家族に貰って頂けて、
そら君は本当に幸せものです。


また里親さまには、保護犬や保護活動にも深いご理解を頂き、
沢山の温かいご支援まで頂戴したとのこと。


ご厚意に心より感謝申し上げます。




よかったね、そら君。

そら君にとって、この上なく素晴らしい里親さまが、
ご家族の一員としてそら君を迎えて下さったんだよ。

今、そら君の居るところが、そら君の本当のお家だからね。
やっと安心して暮らせるね。

短い間だったけど、我が家に来てくれて有難う。
とっても楽しかったよ。


いつまでも幸せにね。 アップロードファイル




いい子でね

   
そら君がトライアルに入りました。



先日、お見合いに伺ったお家です。

S 327

何しろお見合いのときに、トライアルの日取りまでお話しが進みまして。



ホント、自然な流れという感じで。

S 333

いい気になっちゃって・・・ 苦笑い



また調子にのって、ガウガウやったらだめだよ!

S 338

大勢のワン達の中から、そら君を選んで下さったご家族なんだからね。




出発は遅い時間なので、一日ゆっくりと過ごしました。


午後になって、姿が見えないので捜したら、

S 346

おじたんのお昼寝に付き合って、爆睡してました。 かお





夜になって、わんにゃんれすきゅーのスタッフさんが
迎えに来て下さいました。

S 348

知らない所で最初は不安かもしれないけど、そら君ならきっと大丈夫。
とっても優しいご家族だから、いい子にして可愛がってもらうんだよ。


しっかりね、そら君。




カフェふたたび

   
この前どさくさにまぎれて、ドッグカフェデビューを果たしたそら君ですが、
いえね、それが驚くほど大人しかったんですよ。 ええ、カフェでね。



お見合いといい、カフェデビューといい、

あの、ぶいぶいのそら君が、ですよ!

おかしい・・・、そんなはずはない。 なにか裏があるに違いないっ。


考えてみれば、あの日はお見合いと往復のドライブとで、
疲れきって単にグッタリしてただけなのかもしれない。


その状態が、さも大人しそうに見えたんじゃないだろうか 考える

S 250

そうよ、きっとそうなんだわ!!


これを確かめる方法はただ一つ。もう一度カフェに行くことですね。
( 要するにお茶しに行きたいだけ )


てことで、 再びドッグカフェへ GO 絵文字名を入力してください


家から歩いて4~5分のところにあるドッグカフェなんだけど、
夫から知らされるまで、全然気がつきませんでした。

どんだけ引きこもってるんだつーことですね、ハイ。


お店に入ると早速マスターがそら君に、
お水とおいもさんを持って来て下さいました。

S 315

イモ好きなそら君、 一気にハイテンション! 




S 316

食べたくて、そわそわしてます。




S 317

でもですね、鼻を近づけて匂いを嗅いだりはするものの、




S 318

自分から食べようとはしないんです。




S 320

あ、ごめん。 jumee☆faceA103


で、私が皮を剥いて ( 皮は消化しないので ) 与えたら、
ガツガツ食べまくり、あっという間に完食しました。


S 322

へぇぇぇぇぇぇ~、 

そら君たら、ちゃんと渡されるまで我慢できるんだ~  えぇ



S 321

人間が許可するまで食べない、ということが確実にできるようになれば、
拾い食いや危険な物を口にすることも無くなって安心ですよね。


しかし、この食いしん坊な子が、いつの間にこんなお利口さんになったんだろ。

なんかそら君らしくないわ。 どっか悪いのか?
                                 ( なんでやねん )




ところで、店内でこんな張り紙を発見。

S 326

動物管理センターでお手伝いしてくれる、ボランティアさんの募集広告です。


ここのご主人はワンちゃんやネコちゃんの保護活動にも
大変ご理解がおありで、お話ししてみるとホントに優しい方です。


S 323

そりゃそうだ。


それにしても、そら君が外でこんなに落ち着いて過ごせるなんて・・・。
だんだん社交性も身についてきたのかな。




ときめきの一日

   
昼間はまだじっとりと暑い日が多いのですが、
朝晩などは結構涼しくなりましたね。

明け方なんて、タオルケットだけでは肌寒いくらいだもの。

こうやって少しずつ秋が深まってゆくんでしょうね~。



さて、そら君 の周囲にも、少しずつ変化の兆しが ・・・ ドキドキ



実は先日、
             
そら君のお見合いに行って来ました。


『 わんにゃんれすきゅー鶴見 』 のスタッフの方に私も同行させて頂き、
里親さま募集にご応募下さった方のお宅へ、そら君を連れて伺いました。

そら君をお預かりしてから、よそのお家へ連れて行ったことがないので、
もしや軽くパニックになるのではと、少々心配だったんですよね。



一時間余りのドライブ中、そら君は私の膝の上で寝そべっていて、
酔うこともなく吠えることもなく、終始とても大人しくしてました。

だのに、行きも帰りも車中で写真を撮るの忘れました。  あぁ・・・ 落ち込み



てことで、いきなり先様のお宅から。

S 302

ちょっと戸惑った様子も見せてましたが、




S 305

思ったより落ち着いてます。




S 303

パニックを起こすんじゃないかつーのは、取り越し苦労だったみたい。 ほっ…



最初は抱っこされると震えていたのですが、

S 307

ご家族皆さまに撫でて頂いて、直ぐに震えが止まりました。



お母様に何度も抱っこして貰ってリラックスできたらしく、

S 309

息子さんに擦り寄ったり、




S 306

自分からお嬢さんのお膝に乗ったりと、私もスタッフの方も驚くばかり!


挙句の果てに、お部屋中をチェックして回る始末。 汗2


い、いったい ・・・ ( ワナワナ )

我が家でのあのガウガウは何なの??

それに、外が怖いはずではなかったのかっ!


いや~ホントびっくりですよ。
そら君がよそ様で、こんなに早く馴染んでしまうなんて。

ほとんど物怖じすることもなく、シャカシャカと歩き回り、
ご家族全員に万遍なく甘えて、撫でられるままになってました。

ワンてやっぱり、犬好きな方をよく知ってますね。 jumee☆dog1


そら君の、そんな一面を発見できたのは大きな収穫でした。
それだけでもお見合いに行った甲斐があったというもの。


そら君がとてもリラックスして、のびのびと振舞っていたので、
つい、長居してしまいました。


長時間ありがとうございました。  




と、ここまではよかったんですけどね。


家に帰って来たら、

S 312

鍵を持って出なかったことに気付いたんですぅ  えっ




S 310

この日は夫が家に居たしィ、 でもって出がけにバタバタしてェ (言い訳 )




S 311

夫が帰って来ないので、いい機会だと思い、時間つぶしに、
前から気になっていたご近所のドッグカフェでお茶しました。


お見合いした上に、ドッグカフェデビューまで わお




やっと家に入れてほっとしたようで、

S 280

めまぐるしい一日だったね、そら君。  おつかれさま~ かお





あくまでもマイペース

   
だいぶご無沙汰してしまいましたが、そら君 はとっても元気です。



ちなみに昨日は、北海道地図 を描いてました。

S 284

最近、粗相は週いちぐらいですかね。



失敗したってこと分かるのかしら。

S 285

まあまあ、ほら、あの北島選手だってスランプはあるんだしぃ。
                    ( そこへもっていくんかいっ )



ガウガウも健在。

S 286

うっかりお尻を撫でてしまった私に代わって、
いつものタオルケットが、お仕置きを受けてます。

そら君たら、お尻にもスイッチがあるんですよね~ 冷汗1



S 287

本人、いや本犬は至って真剣に怒ってるんですけど、


ただね、

こ、このヒップラインが、どうにも ・・・ 顔

S 288

えも言われず可愛くて、ユーモラスで、 

目下 ハマってるんです。 ええ  きゃっ




と、ここで宅配の荷物が届いたので、一瞬にしてスイッチが切り替わり、

S 294

俄然、荷物に 全神経集中!




S 295

興味津々で、荷物から離れません。



箱を開けるときとか、袋をガサガサさせたときなどすかさず反応します。

S 297

この荷物は、先日注文したフードやクリーナー等、全部ワン用のもの。



ちゃっかりおやつの試食もしました。

S 208

低カロリーのトリーツ、気に入ったみたい OK



一緒に入ってたおもちゃで散々遊んだら、

S 292

やっぱり膝の上で休憩するわけね。




S 290

ま、いいか。



アップロードファイル そら君の里親さま募集が始まってから、
   励ましや応援のメールを頂き、深く感謝申し上げます。

   ご質問以外の場合、お返事できてなくてほんとにすみません。 
   でも、必ず全て拝見しております。 有難うございました。




期待してるよ

   
オリンピックも終わりましたね~ (遅っ)


不思議なもので、普段日本への想いとか日本人であることの誇りとか、
あまり持ち合わせていない ・・・ つか、ほとんど忘れているような私でも、
日本の選手が頑張ってる姿を見ると、やはり熱くなって応援してしまいます。


連日熱戦が繰り広げられ、沢山の感動的なシーンが心に残りましたが、
残ったといえばこれもそのひとつ。

S 276

だいぶ薄くなりましたが、そら君の歯形 です ひくっ


これはですねぇ

ソフトボールの決勝戦で、日本がアメリカを下して優勝を決めた瞬間、

「やったあぁぁぁぁ!!」と叫んでジャンプして着地したところ、
そこに そら君の尻尾 があったんですね。


んで、思いっきり踏んでしまったもので、そら君としても突然の激痛に、
身代わり を探す余裕がなかったらしく、即刻天誅が下された次第。

S 278

金メダル級の痛みと共に残ったオリンピックの思ひ出です。 (わけ分からん)


前回、そら君が私に直接噛み付くことはほとんどなくなった、と書きましたが、
ま、何事もアクシデントは付きものですから。 ホホホ



ただですね。

そら君はシャンプーや耳掃除をひどく嫌がっていて、
そのときばかりは、明確な意思をもって噛み付いてくるようです。

でもシャンプーも耳掃除も必要なことなので、
嫌がるからといって、やらない訳にはいかないし・・・


てことで、これを試してみることに。

S 267

今までこういうものを使ったことなかったんですが、
小型犬用の口輪もあるんですね~  知らんかった。




S 270

ベルトの長さも調節できて、頭の後ろで簡単に留められます。


え、怒ってないかって?



S 269

もちろん怒ってますよ。  目つき鋭いでしょ?

分かり難いですけど、歯も剥き出してます。 jumee☆faceA40




S 271

そら君は外耳炎になりやすいタイプらしいので、毎日耳にお薬を垂らしています。

先日まで獣医さんにお願いしてたんですが、
口輪をつければ大丈夫ということで、家で滴下することにしました。



S 272

なるべくワンの頭をこちらの胸に押し付けて、固定させるとお薬が入り易くなります。



口輪を装着するのは可哀想ではありますが、

そら君が里子に行った先で、お世話下さる方が噛まれなくて済む方法を
いろいろ考えておくことも大切なことです。


ワンに一度噛まれると、誰しも恐怖心が生まれます。
なので、どうしても直ぐには触り難いものです。

二度三度と噛まれてしまうと、だんだん疎遠になり、
果ては誰も近づかず、全くお手入れをして貰えなくなることもあります。


恐らくそら君も、以前家庭で飼われていたとき、
噛まれるのを嫌った飼い主が、そら君をほったらかしにした為に、
あんな酷い状態でここに来ることになったのでしょう。

噛み付く犬にしたのは、飼い主自身なんですけどね。
生まれつきの噛み犬なんていませんから。

S 277

同じ事を繰り返さないためにも、出来る限り里親さんの身の安全を
考えることが、結局はそら君の幸せに繋がるのではと思います。

耳掃除によって危害を加えられることはないと理解できれば、
口輪も必要なくなるかもしれませんしね。


そら君が我が家に来て以来の進歩ぶりを見ていると、
むしろ期待感のほうが大きくなるんです。 笑顔






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。